遺言書を作るメリットとは

gf2160144611l 遺言書には、絶対的な効力があります。
とはいえ、それもキチンとした作り方がされていれば、の話です。
例えばパソコンで文字を打ち印刷したものや作成された日付の明記されていないものなど、
あるいは他の人に指示をして書かせたものなどは無効とされてしまいます。
こういった物は、ただ無効になるだけでなく内容次第では親族同士の諍いの元となってしまいます。
また、例え有効だとしても内容に不満を持たれたりすればそれだけでも骨肉の争いが起こってしまい、
亡くなった人の意思とは全く違うものとなりかねません。
相続手続きを進めるうえで欠かせないのが遺言書であり、
死後の願いを叶える、叶えて貰う為に遺す唯一無二の財産でもあるのです。
その為にも一切の不備なく、誰も不満を持たないような内容を記しておく必要があります。
遺言書を作るメリットは、自分の死後の願いを残された人達に叶えて貰うというだけでなく、
紛争防止にも役立つということです。
自分が何故、このような財産分配を望むのか、残された家族達にどのように生活してほしいのか、
そして、決してこの遺言書が元で家族の仲違いが起こらないよう、仲良く暮らして欲しいという旨を
記しておくことで、自分の真意を余すことなく、誤解を招くことなく伝えられるでしょう。

xf1755057320l