遺書を発見した場合

自分の父母が亡くなった場合、自分自身やその兄弟姉妹などの残された者がます最初に行うべきことは遺言の有無の確認です。このとき、遺書が発見された場合は、その取り扱いにおいていくつか注意点があります。
発見された遺書の取り扱いにおいて最も重要な点は、勝手に開けてはならないという点です。遺書を勝手に開封すると民法第1005条の規定により5万円以下の過料に処され、相続に関する不動産登記もできなくなってしまいます。では、勝手に開封できない遺書をどのようにすれば良いのかというと、この遺書を遺言者(死亡者)の最後の住所地を管轄している家庭裁判所に対して提出をし、検認の申立てをします。検認は、遺書の偽造や変造を防止して遺産相続におけるトラブルを防ぐ目的で家庭裁判所内で相続人の立ち会いのもとで行われる遺書の確認手続きで、この手続きを行って調書が作成されることで死亡者がのこした遺書が確かに死亡者本人によってつくられたものであることが確認されます。遺書の開封は、検認手続きの段階で初めて行うことができ、相続人はこの時はじめて遺書の内容を知ることになります。
なお、遺書を公正証書の形でのこしていた場合は、公証人役場に原本が保管されているため、家庭裁判所に申立てを行う必要はありません。

Comments are closed.