相続の利害を調整しながら適正な処理を行う人

遺言執行者は、遺言書の趣旨にそって、遺言書に書かれている内容を実現する人で、遺言で指定される場合と、家庭裁判所により選任される場合があります。遺言書で執行者が指定されていない場合や、指定されていても就任しない場合には、相続人等が裁判所に選任してもらうように申し立てます。未成年者や破産者を除いて誰でもなることができますが、相続人の一人を指定するとトラブルの原因になりかねません。利害関係のない第三者を指定するとよいでしょう。また、報酬についても、遺言書に記載しておくと手続きがスムーズです。
仕事の主な内容は、次のようになります。相続人と受遺者に、執行者に就任した旨の通知を出します。相続財産目録を作り、相続人・受遺者に交付します。受遺者に対して、遺贈を受ける意思があるかを確認します。遺言による認知があった場合には、市町村役場に届け出ます。遺言に相続人の廃除の指定があった場合には、家庭裁判所に廃除の申し立てをします。不動産がある場合には、相続登記の手続きをします。相続財産の名義変更や解約などの管理、処分を行います。遺言に従って、受遺者に財産を引き渡します。その他、遺言の執行に必要な一切の行為をします。

Comments are closed.