遺言の取り消しは可能か

生前に遺言書を作成することが注目されています。いくかの形式が用意されていて、法的に認知されている方法によって作成することが必要とされており、現在では専門家なども多数存在していることによって、最適な方法にて作成することもできます。そんな中、人によっては作成した遺言書を後に見直すことが必要になるケースがあります。遺言書の多くは作成者の意志に基づく内容を持っている性質があるために、その時の生活状況によっても変わってくる部分があります。この場面では、遺言書の取り消しや遺言の撤回を行うことが必要とされているものですが、この点に関しては民法によって、いつでも取り消しを行うことができると規定されていることによって、作成者は自由に作り直すことができます。しかし、遺言書には自筆証書遺言や公正証書遺言などの種類が用意されているために、いずれかの方法を選択して常に正式な遺言を作成しなければならないものとされています。その一方で、生前に相続する予定だった財産などに対して、何かしらの不具合が生じてしまい、正しく相続することが困難な状況になってしまった場合では、遺言書を取り消したと見なされてしまうことがあるために、注意が必要とされています。

Comments are closed.